100万回言えばよかった原作は漫画?小説?ドラマの脚本やあらすじも!

トレンド
スポンサーリンク

2023年1月スタートの金曜ドラマ「100万回言えばよかった」は16年ぶりTBS連続ドラマ主演に井上真央さんが務めます。
そして切なくて温かいファンタジーラブストーリーとなってます。

そんなドラマ「100万回言えばよかった」は漫画が原作なのか?それとも小説か?脚本やあらすじが気になりますよね?

今回は井上真央さん主演ドラマ「100万回言えばよかった」の原作がマンガか小説か?脚本担当やあらすじを調査しました!

早速チェックしていきましょう♪

スポンサーリンク

100万回言えばよかった原作は漫画?小説?

井上真央さん主演ドラマ「100万回言えばよかった」の原作は漫画?小説なのか調べました。

「100万回言えばよかった」に原作はなく完全オリジナルストーリーです!

韓国のリメイク版との情報もありません。

完全オリジナルストーリーなので、ストーリーの先読みは難しいですね。

ストーリーがわからない分、毎回ドキドキキュンキュンが楽しめそうですよ♪

次に井上真央さん主演ドラマ「100万回言えばよかった」の脚本家をご紹介します。

スポンサーリンク

100万回言えばよかったの脚本

井上真央さん主演ドラマ「100万回言えばよかった」の脚本は誰が担当するのでしょうか?

「100万回言えばよかった」の脚本はこの方↓

【ドラマ「100万回言えばよかった」の脚本】

  • 安達奈緒子

ドラマ「100万回言えばよかった」の脚本は「安達奈緒子」さんです!

安達奈緒子さんについて簡単にご紹介しますね。

まずは安達奈緒子さんのプロフィールから↓

名前安達奈緒子(あだちなおこ)
生年月日不明
出身地神奈川県
主な作品リッチマン、プアウーマン
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

おかえりモネ
G線上のあなたと私

安達奈緒子さんは2003年に「第15回フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞し2004年に脚本デビューしました。

その後主婦業に専念し本格的な活動からは遠ざかっていましたが2010年頃からはまた本格的に執筆活動をし、多くのヒット作品を生み出していますね。

スポンサーリンク

100万回言えばよかったのあらすじ

井上真央さん主演ドラマ「100万回言えばよかった」のあらすじはこちらです。

幼馴染だったが、大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信した相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。

運命のいたずらなのか・・・悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれ突然悠依の前から姿を消してしまう。

悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す悠依だったが、実は直木は自分が死んだとわからないまま魂となって現世をさまよい続けていた。
自分の声が悠依に届かず、何かがおかしいと不安を感じている彼の前に現れたのは、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲(松山ケンイチ)。
直木は譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むのだが・・・。
一番愛している人にきちんと「ありがとう、さようなら、愛している・・・」を言えないまま別れることになってしまった直木は、その“思い残し”を果たすことができるのか・・・。

愛する人を突然失ってしまった悠依、魂だけになってもそんな悠依をそばで見守る直木、そして死の真相を追う刑事でありながら、直木の唯一の媒介者として悠依に関わっていく譲。
そんな3人が関わり合いながら、“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。

「100万回言えばよかった」公式サイトより

井上真央さん演じる主人公の悠依と佐藤健さん演じる直木はそれぞれ家庭の事情で預けられた里親へ預けられた時に出会います。

主人公の悠依は有名美容室系列店の店長で、直木は料理人として小さなお店をオープン。

一方、松山ケンイチさん演じる譲の実家は千年続くお寺で霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能ない。
しかしとある事件を追っていると直木の魂に唯一気付く…。

多くのドラマに出演してきた3人ですが、今回それぞれ初共演なんですね。

どんなドラマになるのか楽しみですね^^

スポンサーリンク

ドラマ100万回言えばよかった【番組情報】

井上真央さん主演ドラマ「100万回言えばよかった」の番組情報はこちら↓

ドラマ名100万回言えばよかった
曜日毎週金曜日
時間22:00~
テレビ局TBS
クール2023年1月期
出演者井上真央
佐藤健
松山ケンイチ
スポンサーリンク

100万回言えばよかった原作は漫画?小説?ドラマの脚本やあらすじも!まとめ

100万回言えばよかった原作は漫画?小説?ドラマの脚本やあらすじも!まとめです。

【100万回言えばよかった】

原作:なし

脚本:安達奈緒子

あらすじ:幼馴染だった悠依と直木は大人になってから偶然出会い結婚も考えていたが、突然事件に巻き込まれ直木は魂となって現世をさまよう。そんな直木の魂に唯一気付いたのが事件を追う刑事の譲。
そんな3人が関わり合いながら「その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか」を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。

ドラマ「100万回言えばよかった」情報はこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
スポンサーリンク
まろにこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました