スポンサーリンク

何曜日に生まれたの原作は漫画小説?ドラマの脚本も!

スポンサーリンク
アフィリエイト広告を利用しています
何曜日に生まれたの原作は漫画?小説? 2023年7月夏ドラマ

ドラマ「何曜日に生まれたの」の原作は漫画や小説であるのか調べました。

2023年8月スタートのテレ朝日曜よる22時からのドラマ「何曜日に生まれたの」。
引きこもりの主人公・黒目すいの運命を9人大きく動かす、先が読めない予測不能の衝撃作です。

そんなドラマ「何曜日に生まれたの」の原作は漫画や小説なのか?ドラマの脚本が気になりますよね?

そこで今回は「何曜日に生まれたの」原作は小説か漫画か、脚本についてまとめました。

\ナンウマ/

※2023年8月時点のものです。最新の状況は公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

何曜日に生まれたの【原作は漫画・小説?】

ドラマ「何曜日に生まれたの」の原作についてです。

何曜日に生まれたの」は原作がありません!

韓国のリメイク版との情報もありません。

完全オリジナルストーリーなんですね。

原作がないとなると、放送はドキドキワクワクでとても盛り上がりそうです。

完全オリジナルストーリーなので、ストーリーの先読みは難しいですね。

何曜日に生まれたの【脚本】

ドラマ「何曜日に生まれたの」の脚本についてです。

何曜日に生まれたの」の脚本は「野島伸司」さんが担当されます!

野島伸司さんが脚本を務めたドラマは数多くありますよね。

  • 101回目のプロポーズ
  • 高校教師
  • ひとつ屋根の下
  • ストロベリー・オンザ・ショートケーキ
  • 高嶺の花

また作詞活動もしており、

  • SMAP「らいおんハート」
  • Sexy Zone「A MY GIRL FRIEND」
  • ASTRO「1番好きな人にサヨナラを言おう」

なども携わりました。

今回のドラマは「何曜日に生まれたの」は『ラブストーリーか、ミステリーか、人間ドラマか、社会派か。先が読めない予測不能の衝撃作』というキャッチコピー。

野島伸司さんは今作を「かなりトリッキーな物語」と言っています。

ドラマ「何曜日に生まれたの」も面白くなりそうですね^^

何曜日に生まれたの【番組情報】

ドラマ「何曜日に生まれたの」の番組情報はこちら↓

ドラマ名何曜日に生まれたの
曜日毎週日曜
放送時間22:00~
クール2023年夏ドラマ
テレビ局テレビ朝日系列
出演者飯豊まりえ
溝端淳平
井上祐貴
YU
若月佑美
片山友希
濱正悟
早見あかり
シシド・カフカ
陣内孝則
主題歌The Hollies「Bus Stop」

\ナンウマ見逃し配信/

※2023年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

何曜日に生まれたの原作は漫画小説?ドラマの脚本も!まとめ

何曜日に生まれたの原作は漫画小説?ドラマの脚本も!まとめです。

【何曜日に生まれたの】

  • 原作:なし/完全オリジナルストーリー
  • 脚本:野島伸司

▼「何曜日に生まれたの」ロケ地▼
何曜日に生まれたのロケ地は?マンションや歩道橋・高校も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2023年7月夏ドラマ
まろにこ

コメント