スポンサーリンク

Destinyデスティニー原作は漫画?小説?脚本やドラマあらすじ・キャストも!

スポンサーリンク
アフィリエイト広告を利用しています
destinyデスティニー原作は? 2024年4月春ドラマ

ドラマDestiny(デスティニー)の原作は漫画小説なのか?脚本やドラマのあらすじ・キャストについてもご紹介します。

2024年4月からテレビ朝日にて放送される主演・石原さとみさんは復帰後、3年振りの連続ドラマ作品です。
放送される前からPR映像が100万再生超えする程、注目が集まっていますよ。

そんな「Destiny(デスティニー)」の原作や脚本、あらすじ・キャストが気になりますよね?

そこで今回は「Destiny(デスティニー)」の

  • 原作
  • 脚本
  • あらすじ
  • キャスト

についてまとめました。

\Destiny(デスティニー)/

本ページの情報は2024年3月時点のものです。最新の状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

Destinyデスティニー【原作は漫画・小説?】

Destiny(デスティニー)の原作は漫画・小説どちらなのかについてご紹介します。

【Destiny(デスティニー)原作】

  • 原作なし

Destiny(デスティニー)には原作はなく、完全オリジナルストーリーです。

「20年の時をかけるサスペンス×ラブストーリー」となっており、石原さとみさん演じるヒロインの初恋相手は亀梨和也さんが務めています。

石原さとみさん演じるヒロインが強さと覚悟をもった新時代の女性ということで、放送が始まれば女性視聴者の憧れとなりそうですね。

Destiny(デスティニー)は完全オリジナルストーリーなので、どんな脚本でどんな話の流れになっていくのか楽しみです。

Destinyデスティニー【脚本】

Destiny(デスティニー)の脚本についてご紹介します。

脚本家は誰?

Destiny(デスティニー)の脚本家は吉田紀子さんです。

吉田紀子さんは「Dr.コトー診療所」や「ハナミヅキ」など大人気ドラマ・映画の脚本を行っています。

心温まり感動する作品を手がける吉田紀子さんですが、Dr.コトー診療所では飯田賞を受賞される程、実力派の脚本家さん

です。

そんな吉田紀子さんが描くDestiny(デスティニー)の詳しいストーリー展開が今から気になりますね。

脚本家のプロフィール

Destiny(デスティニー)の脚本家の吉田紀子さんのプロフィールをご紹介します。

【脚本家プロフィール】

  • 1959年12月6日生まれ
  • 山梨県甲府市出身
  • 高校生の時に倉本聰さん脚本のテレビドラマなどに影響され、脚本という職業に興味を持つ
  • 1989年「邪魔してゴメン!」で脚本家デビュー
  • その後「Dr.コトー診療所」「涙そうそう」「ハナミヅキ」などの大ヒット作品を手がける
  • 2006年には「飯田賞」をDr.コトー診療所で受賞

「飯田賞」は日本人の心や人の触れ合いを取り上げ、影響力のあった番組や人へ送られる名誉ある賞です。

吉田紀子さんの描く作品はどれも心温まり、感動するものばかりです。今後の作品も楽しみですね。

Destinyデスティニー【ドラマのあらすじ】

Destiny(デスティニー)のあらすじをご紹介します。

主人公は、「横浜地方検察庁」中央支部の検事・西村奏。

中学生のとき検事の父を亡くしたことをきっかけに母の故郷・長野県に移り住み、そのまま地元大学の法学部に進学。

そして、そこで出逢った4人の仲間と共に司法試験に向け苦楽を共にする一方、恋に喧嘩に友情にとキャンパスがある長野の雄大な自然に包み込まれながら生まれて初めての「青春」を謳歌し、その絆を深めていた。

しかし、司法試験資格のためのロースクール入試をまじかに控えたある日、事件は起こる。

ある人物の死ー。それが彼らの運命を大きく狂わせていく。

https://www.tv-asahi.co.jp/destiny/

Destinyデスティニー【キャスト】

Destiny(デスティニー)のキャストをご紹介します。

キャンパスで出逢った4人の他に主人公西村奏(石原さとみ)の恋人役や父親役など続々と豪華キャストの発表がされています。

そんなDestiny(デスティニー)を彩る豪華キャストが誰なのか気になりますよね。

西村奏(石原さとみ)

「横浜地方検察庁」中央支部の検事。

西村奏(石原さとみ)の父は中学生の時に事件に巻き込まれ、亡くなります。

亡くなった父の影響で検察庁を目指し、国立大学の法学部に進学。

大学生時代は真面目で地味な学生生活を送っていましたが4人の仲間と出会い初めて青春と野木真樹に対して恋をします。

卒業後は検事となり、医師の奥田貴志と同棲生活を送っています。

野木真樹(亀梨和也)

人懐っこく、馴れ馴れしい性格で人気者。

横浜で生まれ、父は有名弁護士でした。しかし母が家を出て行ってから父との折り合いが悪く反抗心から長野県の国立大学の法学部に進学し、家を出ます。

西村奏(石原さとみ)に出会い、同じ空気感を感じ初めて恋をします。

森知美(宮澤エマ)

法学部内でも成績トップクラスの優等生。

悩むより行動し、その時その時のベストな答えを導き出すことのできる頭脳派です。

梅田祐希(谷本悠馬)

優しい性格でムードメーカーな存在。

人をよく見ていて、その人の心を汲み取ることのできる優しい性格です。

及川カオリ(田中みな実)

病院を経営する名家の娘だったこともあり、学生たちの憧れの存在。

何不自由ないお嬢様に見えていましたが、愛が欲しい彼女には淋しがり屋な一面もあります。

加地卓也(曽田陵介)

西村奏(石原さとみ)の職場のパートナー。

仕事をあまりしたくない性格ですが、西村奏(石原さとみ)に振り回されます。「代休ください」と何度も主張していますが、主張も叶わず不満を溜めています。

ですが実は何か秘密を抱えているようでこのドラマのキーパーソンになっているようです。

奥田貴志(安藤政信)

西村奏(石原さとみ)の現在の恋人

「横浜みなと総合病院」の外科医をしながら、多忙な西村奏(石原さとみ)をサポートしています。

辻 英介(佐々木蔵之介)

西村奏(石原さとみ)の父で元「東京地検」特捜部の検事。

正義感の強い性格でしたが西村奏が中学時代に事件に巻き込まれ、亡くなってしまいます。

野木浩一郎(仲村トオル

「野木法律事務所」の弁護士で野木真樹(亀梨和也)の父。

勝手に長野県の国立大学に進学した息子とは、家を出て行った以来、会えていません。

Destinyデスティニー原作は漫画?小説?脚本やドラマあらすじ・キャストも!まとめ

今回は4月から連続ドラマとして放送されるDestinyデスティニーについてご紹介しました。

【Destinyデスティニー】

  • 原作はなく、完全オリジナルストーリー
  • 脚本は吉田紀子
  • あらすじ:完全オリジナルサスペンス×ラブストーリー
  • キャスト:石原さとみさん、亀梨和也さん、田中みな実さんなど

原作はなく完全オリジナルストーリーということで、どんな展開になっていくのか全く予想出きませんね。

脚本をされている方は「Dr.コトー診療所」などを手がける吉田紀子さんです。

ヒューマンストーリーに心温まり感動する作品ばかりなので、Destinyデスティニーの展開も楽しみですね。

▼Destiny(デスティニー)全何話までで最終回いつ?▼
>>Destinyデスティニー全何話まで?最終回までの放送日程も!

▼Destiny(デスティニー)ロケ地▼
>>Destinyデスティニーのロケ地は?松本市や大学・病院の撮影場所も!

\Destiny(デスティニー)/

本ページの情報は2024年3月時点のものです。最新の状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2024年4月春ドラマ
まろにこ

コメント